尾道自由大学とは

尾道自由大学とは

尾道には自由な空気が溢れている。尾道水道、しまなみ海道、石見銀山街道、味わい深い坂道に階段道、山の尾根から下りる道々、尾道。古くから人々が行き交い商いや文化が栄えた、美味しい食べものと笑顔が溢れる、瀬戸内海の港町。数多くの文学や映画が生まれるクリエイティブな空気の中では、猫までもどこか自由だ。はたらくこと、学ぶこと、楽しむこと、生きることは深く繋がっている。

自由大学は、自由に生きる人の学びの場。2009年に東京で開校以来、「大きく学び、自由に生きる」をテーマに、知的生命力がよみがえるユニークな講義を展開する学びの場として、自ら考え、自ら行動する姿勢を育む場所を創っています。

郷土愛をもって尾道の未来を考える「ディスカバーリンクせとうち」と、東京で働く若者を中心にした新しい学びの場を展開している「自由大学」は、互いに連携しあい、尾道と東京双方の良さを活かした学びの場『尾道自由大学』を2013年7月に共同で設立しました。

onomichi

新しい学びを、創ろう

大学の起源は11世紀イタリア ボローニャで、学問を目指して集まった人たちから生まれた、自治組織(ギルド)だとされています。学びたいことを自ら探してきた教授に聞くことから始まったのです。

一方「自由」とは”freedom”,”liberty”の訳語として、縛られない自由(〜しなくてよい)と積極的に働きかける自由(〜してよい)の両方の側面を持ち、”自らに由る”自己の精神の根幹にあるものを表しています。

私たちはそんな「自由」を考え、自ら行動していくための学びの場をつくりました。

自由大学は学校法人ではなく、自由に学び自由に教え合う組織です。

onomichi

講義づくりの方針

自主自立の精神を目覚めさせる場づくり

「学びたい」から始まる自由大学は、先生が一方的に知識を与える従来の詰め込み型教育ではなく、インタラクティブで世界にひとつしかない学びの場。正解を追い求めるよりも根源的な問題を考えていく視点とクリエイティブな発想が生まれていく状況を創り出しています。

だから学生も当然のように与えられる正解を待つのではなく、自主的に考え、学びモードで感覚を研ぎ澄まし自ら行動を起こしていくことが普通の大学やセミナーとは大きく異なっています。

尾道自由大学

レクチャープランニングコンテスト

自由大学では、個人の存在や考えを尊重し、知的好奇心と社会に良くしようという美意識を大切にした講義づくりをしています。そこで、「学びたい」や「教えたい」という情熱を持って新講義を自由に創ることを目的とした講義企画コンテスト「レクチャープランニングコンテスト」を開催します。企画者が魅力的な講義のアイデアを発表し、観覧者も含めた全員が意見を交わし投票する公開企画会議です。企画発表の後は、観覧者全員で意見を出し合い講義のブラッシュアップも行います。どなたでもご参加いただけます。

【開催日時】
レクチャープランニングコンテストの日程はブログフェイスブックでお知らせします。


【プレゼンターとしての参加方法】

「講義企画を発表したい」というプレゼン希望の方は、以下リンクからエントリーシートをダウンロードし、メールでご送付ください。件名は「尾道自由大学レクプラプレゼン希望」、宛先は運営事務局 info@onomichi-freedom-univ.com まで。その後の手続きについて折り返しご連絡させていただきます。

entrysheetdownload

freeelephant

開校にあたり

惹きこまれる街、尾道

2013年1月後半に出会った尾道の仲間たちと、雑談の中から生まれた尾道自由大学開校という話。尾道の将来を本気で考え行動する人と、日本における「学び」の本質を本気で考え行動する人が交わり意見を交わした結果、様々な荒波を乗り越え、同年7月に尾道自由大学という船は文学の街、映画の街、そして造船の街というここ尾道から出航した。

古来より、世界遺産で有名になった出雲・石見地方より銀を運び、日本国内はもとより世界との交易を盛んにおこなってきたこの街には、一言では語りつくせない魅力がある。様々な価値観やヒト、モノ、コトを受け入れてきた懐の深さは、街並みであり、人であり、残された文化によくよく表れていて、決して一度や二度訪れただけではその魅力に気が付くことはできないだろう。そんな土壌があるからこそ尾道自由大学が生まれたのかもしれない、と今ではつくづく思う。

自由大学は2009年に東京・世田谷で産声を上げ、主に社会人を対象に様々な「学び」を展開している。そこにはまさに自由な学びが溢れていて、アイデアと行動力、そして参加する人の自主性により、新たな切り口の新たな学びがいつも生まれている。誰かに押しつけられて通う学校とは全く質の違うその学びの原点には、「知識を得る」よりも「疑問を持つ」ことを大事にし、生徒自身も自ら学ぶ姿勢を持ってしまう。それも“楽しみながら”。そんな自由大学の新たな「学び方」こそ、懐の広い尾道にはちょうど合っている。

笑いながら学ぶ大学。自分の人生は自分にしか作ることが出来ないのなら、逆に考えれば、自分自身でいかような人生を送ることもできるはず。固定概念を笑い飛ばして、新たな自分に出会うために尾道へ来ていただきたい。

尾道自由大学 校長 中村真

P1010447