講義レポート


最高の仲間で創る、世界でひとつだけの最高のパーティー


講義名:盛り付けデザイン学 | レポート公開日:2014年04月07日


    盛り付けデザイン学。とにかく刺激的で学び多い二日間でした。

    初めて講義のリリースを知ったのは1月末頃。私は迷わず申し込み、ワクワクしながら初日を待ちわびていました。東京・世田谷の自由大学の「おうちパーティー学」でもお世話になっている飯野登起子先生の講義、しかも念願の尾道自由大学での開催とあって、料理やホームパーティー、自然や神社・仏閣に興味がある私には参加しない理由が全く見当たりませんでした。

    尾道駅を出て、三分咲きの桜を眺めながら歩くことおよそ15分。昭和レトロな雰囲気たっぷりの商店街を抜けたその先に、尾道自由大学のモダンな外観のキャンパスはありました。前日に尾道入りしていた私は初日を待ちきれず、こっそりキャンパスを覗きに行ってしまうほど興奮していたのです。

    初日の朝、キャンパスに集まったのは少しだけ緊張した表情の受講生7名。オリエンテーションの後、すぐに講義会場である島居邸そして出雲屋敷へ移動して、早速1コマ目が始まりました。まずは、自己紹介を兼ねて、各自の宿題だった「お雑煮の特色」や「尾道マップ」を紹介。

    甘く炊いた黒豆をトッピングしたり穴子を入れたりと、あまり馴染のないお雑煮のバリエーションに話が弾みました。先生によると、お雑煮や肉じゃがは、地方の特色が反映されやすいのだとか。味覚の境界線としてよく取り上げられる関ヶ原が、お雑煮の角餅や丸餅、おすましか味噌仕立てかの境界にも当てはまるという話も興味深いものがありました。
    写真-27

    1コマ目が終わるまでには、初対面だった受講生達もお互い打ち解けた様子で、朝のよそよそしい雰囲気が消えてすっかり仲良くなっていました。出雲屋敷の月見台で展開される青空講義はとても新鮮で心地よく、そんな環境も心の距離を近づける手助けをしてくれたのかも知れません。


    1072258_681647161894976_1919320933_o

    2コマ目の講義に来て下さったゲストは地元因島出身の生産者、村上さん。八朔やメロン栽培に纏わる想いや、ご自身が農業をされるに至ったストーリーを話してくれました。ユーモアたっぷりにお話しされる村上さんのお人柄に、みんなすっかりファンになり、身を乗り出して聞き入るメンバーも。農業の話に留まらず、最後には類人猿の心理学まで話が及びました。(実はここが一番盛り上がりました!)

    写真-28

    初日の作業は、村上さんが持参してくださったスナップエンドウ、八朔、その他JA尾道で仕入れた素材を使用して、各自がスタイリング。華やかなプレートが島居邸二階のバルコニーに並びます。同じ食材と同じプレートを使っているのに、それぞれ異なる美しい表情を魅せたのも、個性あふれる受講生のアイディアとセンスならでは。先生のスタイリングをはじめ、他のメンバーの発想は真似したくなるものばかりでした。

    盛り付けデザイン学ププレート

    そしていよいよ二日目、全員で創り上げるパーティーデザイン取り組みました。前日の夜には大まかなメニューと担当を決め、当日に何とか素材を入手したものの、いざ調理し始めるとあれがない、これがない、時間もない、とちょっとしたハプニングに見舞われました。おまけに、仕上がりの色が悪い、味がぼやけているなど、想定外の事態も。私も涼しい顔をして内心はドキドキしながら頭をフル回転させて調理していました。人は窮地に追い詰められるとアイディアがどんどん湧き出るものですね(笑)。そんな時間が過ぎることおよそ2時間。出来上がったフードを見た瞬間、あまりの美しさに全員から拍手が起こりました。尾道の素材が、桜の季節にぴったりな、華やかな春のパーティーフードに仕上がっていたのです。

    盛り付けデザイン学パーティ

    そして、そのフードを更に美しく演出していたのが、魅せる盛り付け。飯野先生からのちょっとしたアドバイスがそれぞれのフードに魔法をかけていました。もちろんそれぞれのお料理の美味しかったこと。パーティーでは予期せぬ嬉しい来客もあり、忘れられないひとときとなりました。

    必ずしも食の専門家ではないメンバーで、地元で手に入るもの、そこにあるもの、そこにあるツールだけで、これほどまでに素敵なパーティーフードを創り上げることができると誰が想像できたでしょう。あの趣のある洋館・島居邸で展開された盛り付けデザイン学には、一泊二日という短いながらも濃厚な時間を共有した最高の仲間で創り上げる感動的なパーティーが待っていました。

    文学と映画の舞台としてもよく知られる尾道。街には歴史を感じさせる神社・仏閣や映画のセットのような建物が溢れ、観光だけでは決して触れることのできない尾道の食をも楽しみながら、尾道で入手した素材で盛り付けデザインを学ぶ。そして、それぞれの個性がきらりと光る素敵な仲間との出逢い。そんな全てのご縁を神様にも感謝した充実の2日間でした。

    10154909_615768385174631_2020648645_n

    2日間5コマの講義を無事に終え、帰りがけに全員でお詣りした天寧寺。五百羅漢としだれ桜が充実感で満ち溢れた私たちを優しく迎えてくれました。あの日あの朝出逢った最高の仲間。密かに計画されている(?)次のパーティーも今から楽しみでなりません。

    (text:「盛り付けデザイン学」第1期卒業生/加藤詩織)

    講義名
    盛り付けデザイン学
    定員
    10名
    日程
    第1回 9月30日(土)10:30-12:00
    第2回 9月30日(土)13:00-14:30
    第3回 9月30日(土)15:00-16:30
    第4回 10月 1日(日)12:00-14:30
    第5回 10月 1日(日)15:00-17:00
    開講決定日
    開講決定!9月27日(水)まで受付中※開講決定日について
    授業料
    20,000円(税込) (全5回/税込) ※事前銀行振込
    キャンパス
    尾道自由大学キャンパス
    教授
    飯野登起子
    キュレーター
    高野哲成
    港の編集室
    持ち物、その他注意事項
    ・別途、盛り付けデザイン食材費1000円、パーティー材料費1500円がかかります。
    ・盛り付けに使用するお皿をご持参下さい。
    ・盛り付けに使用したい食材やカトラリーなどがある方は、是非ご持参下さい。
    この講義詳細ページへ

    次回開講日程の問合せ


ONOMICHI FREEDOM UNIVERSITY 尾道自由大学