瀬戸内のしおりを編む
海と島学部


自分だけのお気に入りの○○を見つける島トリップ


日程
8月5日(日)10:00-17:30
※集合場所:Better Bicycle(ベターバイシクル)
授業料
5,000円(税込)※別途、レンタサイクル代1,500円(税込)・昼食代が掛かります。
キャンパス
百島
キュレーター
古徳信一
開講決定日
7月27日(金)まで受付中

講義内容

旅の中で見つかる暮らしのヒント

日々の雑踏から離れ、穏やかな時間と新たな刺激を求めて多くの人は旅に出ます。旅の中で、予想の出来ない出会いや体験は、普段の生活には無いモノばかりです。そのひとつ一つが貴重な体験となり、未来の自分の暮らし方・働き方を見つけるきっかけを得る人も居ます。当講義では、瀬戸内に浮かぶ個性豊かな島々で繰り広げられる、暮らし・食・文化・コミュニティに参加し、これからの人生のヒントを見つけましょう。

人と人が繋がる島の輪

昔から多くの人やモノが行き交った瀬戸内海で、地域やそこに暮らす人々の「つながり」は、どのように変化してきたのでしょうか。島々で暮らす人々の働き方やコミュニティに触れる旅へ出掛けましょう。この旅を通じて出会う、瀬戸内で暮らす人々の地域活動への取り組みは、あなたの人生を豊かにするキッカケになるかもしれません。今回は、瀬戸内の中心に浮かぶ百島を巡っていきます。この旅での発見やお気に入りを旅のしおりとして編みこんでいきましょう!

ゲスト紹介

島田明恵 / しまはち養蜂場

2014年に1箱のミツバチを飼い始めたのスタート。しばらくは、福山市内の自宅の庭に巣箱を置いて養蜂をしていましたが、その後いちご狩りに訪れた百島で百島農園の藤田さんとお知り合いになった事をキッカケに、海岸沿いの土地をお借りして本格的に養蜂を開始しました。ハチミツが採れるのは毎年5月~7月ごろ。島にはニセアカシアや、ミカンなどの柑橘の花がたくさん咲きます。百島で採れたハチミツはクセがなくスッキリ美味しくて、苦手な人にもおすすめです!

杭田 俊美/百島しあわせパン製作所

豊かな暮らしを求める中で、百島へ何度か足を運び地元の方と話しているうちに、島を出て買い物に行かないと食べ物が手に入らないということを聞いて自分に出来ることはないかなと考えた時に「パン屋だ!」と思ったのキッカケで移住を決意。それ後、島内の方に工房兼住まいにできる空き家を借り、2016年7月旦那さんと愛犬Coffyと共に引っ越し。自分達で、壁を塗ったり、畳みをフローリングにしたりとDIYに挑戦しながら工房づくりを進め、移住から約1年2か月後にようやく「百島しあわせパン製作所」(ももパン)をオープンしました。

(第1期募集開始6月15日)

こんなかたが対象です。

  • 瀬戸内に興味がある方
  • 豊かな暮らし方を学びたい方
  • 島暮らしに興味ある方
  • 旅が好きな方

講義計画

第1回

タイムスケジュール

- 10:00~【瀬戸内の島を巡ろう】
     ・自己紹介
     ・瀬戸内の島暮らしってどんなだろう?ローカルな豊かな暮らしについて実際に島を歩きながら感じ、自分だけのしおりを作成しましょう。
     ・昼食:百島しあわせパン製作所のベーグルサンドをいただきます。

- 15:10~ 【島を巡ってのお気に入りを編む】
     ・この島トリップでの自分のお気に入りを振り返りながら、まとめます。
    
- 16:40~ 【振り返り:自分だけのしおり】
     ・総評・印象に残った内海の魅力やスポットを自分だけの旅のしおりとして発表しましょう。

講義名
瀬戸内のしおりを編む
定員
10名
日程
8月5日(日)10:00-17:30
※集合場所:Better Bicycle(ベターバイシクル)
開講決定日
7月27日(金)まで受付中 ※開講決定日について
授業料
5,000円(税込)※別途、レンタサイクル代1,500円(税込)・昼食代が掛かります。 (全1回/税込) ※事前銀行振込
キャンパス
百島
キュレーター
古徳信一
持ち物、その他注意事項
本講義では、レンタサイクルで百島までいきます。動きやすい服装でご参加ください。

次回開講日程の問合せ

講義レポート


講義レポートはありません。


ONOMICHI FREEDOM UNIVERSITY 尾道自由大学