講義レポート


Curator’s voice -『夢をふりまくという生き方』講義レポート


講義名:夢をふりまくという生き方 | レポート公開日:2018年05月07日


連休のはじまり、4月29日(日)に開催された『夢をふりまくという生き方』第1期は、尾道の歓楽街「新開」をテーマに、これまで新開で開催してきた講義がフィールドワークや体験を重視してきたのに対し、座学や1人のママのお話にフォーカスするという、より入門編として、じっくりと町の歴史とひとの歴史を学んで頂ける講義となりました。

スナックに興味がある方から、将来地元に帰って何かをやってみたい方、尾道に引っ越して来てもっと街のことを知りたい方、社会教育のコーディネートをお仕事にされていて東京の自由大学の講義も受けたことのある方など、それぞれの思いを持って参加されたメンバーが集まりました。

講義の様子を写真とともにご紹介いたします。

講義は座学からスタート。大正2年、昭和8年の地図を見ながら、尾道や新開の歴史や「スナック」の基礎知識など、新開エリアをより深く楽しむためのお話を伺いました。本東教授が新開の活性化に取り組まれるようになった切っ掛けや 「スナックは究極のコミュニケーション商売」という言葉が印象に残りました。

続いて、新開まち歩きへ。レトロな雰囲気の路地を巡ります。まだ明るかったということもあり、普段の飲みに来たときには見過ごしてしまうような、尾道の歴史を感じられるものが沢山残っていることがわかりました。

いよいよ、お待ちかねのスナックへ!ここからはお店のママにもゲストになって頂き、新開でお店を始められた切っ掛けや、一人でお店を切り盛りされていくうえで心掛けられていることなど、かなり実践的なお話まで伺うことが出来ました。

落ち着いた雰囲気の中、熱く語り合います。教授から最新の新開情報を聞くことが出来るのもこの講義の魅力の一つ。しかし、この雰囲気はとても16時とは思えません。

最後に講義を通して、学んだことや印象に残ったことを自由に発表します。言葉にすることで新たな発見も生まれます。人生の先輩でもある二人の教授のお話は皆さんにどんな風に響いたのでしょうか?

最後は、お見送りに出て来て頂けたので、ママにも入って頂き記念撮影!この時間にこの場所でしか撮れない貴重な写真になりました。いつかこの場所を訪れた時には、講義の中で感じたことを思い出して頂けたら嬉しいです!

最後に受講生の皆さんの感想をご紹介させて頂きます。

・新開の新しいお店を知れてよかった。

・これからも新開を探検してみたい。

・次回は和服で訪れてみたい。

・尾道の歴史が知れて良かった。

・新開にいつかお店をやってみたい。

・人に話を聞くこと、足で探すことの大切さを学んだ。

・大好きだったスナックがもっと好きになった。

以上です。

大人の社会見学という言葉がピッタリの雰囲気の講義でしたが、二人の教授の人生のお話を通して、自分のこれからの人生や、これから何かを初めてみたいという人に参考になるお話を沢山伺うことができました。

次回「夢をふりまくという生き方」の開催時期は未定ですが、尾道自由大学では通年で尾道、新開の魅力を発信していきたいと思っています!どうぞお楽しみに!

次回日程のお問い合わせはページの下の「次回開講日程の問合せ」よりお問い合わせください。

(Text by『夢をふりまくという生き方』キュレーター:高野哲成)

講義名
夢をふりまくという生き方
定員
10名
日程
11月23日(金・祝)14:00 - 18:00
開講決定日
11月16日(金)まで受付中!※開講決定日について
授業料
4,000円(税込) (全5回/税込) ※事前銀行振込
キャンパス
尾道自由大学キャンパス
新開のスナック
教授
本東千恵
キュレーター
高野哲成
持ち物、その他注意事項
当日、授業料とは別にお店での飲食代2,000円が必要です。
この講義詳細ページへ

次回開講日程の問合せ


ONOMICHI FREEDOM UNIVERSITY 尾道自由大学