カイテキtextile学
旅と文化学部


生地のうまれる場所をたずねる


日程
8月19日(日)11:00-17:00
授業料
7,500円(税込)別途材料代・昼食代として2,000円程度の実費負担が発生します。
キャンパス
駅家町 新市町 ※アトリエの住所につきましては受講者の方に直接ご連絡致します。
教授
カイサヨコ
キュレーター
岩渕友里
開講決定日
開講決定!8月10日(金)まで受付中!

講義内容

No Textile, No life
テキスタイルという言葉に親しみはありますか。一般的には織物や布地のことを指します。最近ではライフスタイル誌で特集が組まれるなど、季節に合わせた色や質感を与えるアイテムとして暮らしに欠かせない存在となってきました。

せとうちのテキスタイルを学ぶ旅
今回の旅の舞台である駅家町・新市町は国内でも繊維産業が有名な町。少し歩けば森があり山が連なる大自然がキャンパスです。
ここで生まれ育ち、テキスタイルの聖地である北欧で学びを深めたテキスタイリスト甲斐少夜子さんとともに、せとうちを代表する伝統産業品、備後絣(びんごがすり)を巡るショートトリップに出ます。

大好きなモノを飾り、日々眺める喜び
甲斐教授とともにしんいち歴史民俗博物館を見学した後は、直に触れ好みに合う備後絣やファブリック生地を選び、ファブリックパネルを作ります。旅の思い出を切り取り、日常に取り入れる。豊かな暮らしをつくってみませんか。

こんなかたが対象です。

  • 工場見学が好きな方
  • 世界を旅したい方
  • ファブリックが好きな方
  • 民藝の世界に興味がある方

講義計画

第1回

1回限りのスペシャル講義です。

11:00 講義開始!備後絣について知ろう。カイ教授のテキスタイルレクチャー

12:00 古民家の縁側でピクニック(1,000円・実費)

    ※野菜メインのお弁当付きです。

13:00 ファブリックやテキスタイルについて知ろう!しんいち歴史民俗博物館へお出かけ

14:30 教授アトリエにてファブリックパネル製作

16:30 製作終了

16:45 卒業証書授与

17:00 現地解散

※予定は変更される場合があります。

講義名
カイテキtextile学
定員
8名
日程
8月19日(日)11:00-17:00
開講決定日
開講決定!8月10日(金)まで受付中! ※開講決定日について
授業料
7,500円(税込)別途材料代・昼食代として2,000円程度の実費負担が発生します。 (全1回/税込) ※事前銀行振込
キャンパス
駅家町 新市町 ※アトリエの住所につきましては受講者の方に直接ご連絡致します。
教授
カイサヨコ
キュレーター
岩渕友里
持ち物、その他注意事項
たちばさみ
軍手※木材を触るため木屑が刺さるのを防ぐためです
エプロン
【ご参加ご連絡の際、備考欄に記載をお願いしたいこと】
①集合場所について:教授アトリエは駅家町にあり、交通機関ではお越しいただきにくい場所です。キュレーターが駅家駅まで車を出しますので乗り合いでご案内します。送迎が必要な方は、参加連絡時に備考欄へその旨をご記載ください。
②集合場所について:教授アトリエの場所は個人宅のためご参加の方へ追ってご連絡致します。
③自家用車の乗り入れについては駐車場に限りがございます。お車でお越しの方は、事前に備考欄へ記載をお願いいたします。

次回開講日程の問合せ

講義レポート


講義レポートはありません。


ONOMICHI FREEDOM UNIVERSITY 尾道自由大学