漆に学ぶ暮らし方ビギナーズ
暮らしと環境学部


「拭き漆」で伝統の技を日常に取り入れる


日程
11月16日(日)13:00-16:30
授業料
3,000円
キャンパス
尾道自由大学キャンパス
教授
田代京子
キュレーター
白鳥法子
開講決定日
開講決定!11月7日(金)まで受付

講義内容

伝統の技を現代の暮らしに活かす

食材を選ぶときに、多くの人は「どれが新鮮かな、どれが安全かな」と心を砕いていますよね。器に対しても、きちんと作られたものを選ぶようになったら、食生活はもっと豊かになるかもしれません。
日本での漆の歴史は縄文時代前期、なんと9000年前にまで遡るとか。耐久性、防腐性、耐水性、耐熱性といった漆の性質を活かして、古くから食器をはじめ、調度品、装飾品、神社仏閣などの建造物、仏像、武具などさまざまなものに活用されてきました。
漆器といえば、今では格調高く高価なものというイメージがありますが、長い歴史の中で培われた伝統の技は、暮らしの中で活かされてこそ、価値のあるもの。
日々の食卓で、使うほどに愛着が増す。そんな漆の世界への入門編に、木目を生かして仕上げる「拭き漆」という技法でお箸と箸置きを作ってみましょう。

暮らしの道具をつくる漆芸家に教わる

ワークショップの教授には、漆芸家の田代京子さんをお招きします。尾道の隣の三原市に自宅兼工房を構え、ご夫婦それぞれがオリジナルの作品を制作されています。お邪魔したキッチンには、金継が施された大皿、縄胎(じょうたい)という技法で作られた器、拭き漆が施されたダイニングテーブルなど、いたる所に漆がちりばめられていました。ページトップの写真も、田代さんの作品の数々。美しく盛り付けられた写真は、「盛り付けデザイン学飯野教授とのコラボ作品です。
なめらかで美しいだけが漆の特性ではない。伝統的に使われてきた天然素材である漆の魅力を教わりながら、まずは簡単に取り入れられる拭き漆の技法を体験します。

箸置き

田代京子さんより

わが家ではほぼ毎日、漆の器が食卓にのぼります。手触りも口当たりも、その心地よさは他には代えがたいもの。現代では化学塗装や樹脂のものが多く出回って、ときには「漆ってなに?」という質問を受けることがあるほど、特に若い世代での認知度は低くなっています。「塗装」と「接着」、このふたつの役割おいて漆はかなり優れていて、拭き漆のやり方を学べば、生活の中で今後もなにかと役に立つはずです。素材としての漆をもっと身近に、そして本物の漆器にも目を向けてもらえたら、と思っています。

プログラム内容

・漆器や漆塗料の魅力について、教授の活動をもとに紹介。
・箸置きの形をデザインする。
・木片からデザインした箸置きを削り出す。
・箸は面取り、箸置きはサンドペーパーで形を整え、拭き漆をする。
・仕上げの拭き漆の色を決める。
※漆は乾くのに時間を要するため、二度目の拭き漆は教授が行い、完成したら郵送にてお届けします。
※プログラム内容は、現地事情等により変更になる可能性があります。
(第1期募集開始日:10月1日)

こんなかたが対象です。

  • 伝統工芸、漆に興味のある方
  • 手しごと・造形が好きな方
  • 国産の木、自然の塗料で仕上げた、安心して使える箸を持ちたい方
  • うつわが好きな方
  • 無心になりたい方

卒業者の声

  • 漆は高級品というイメージであまり普段の生活で使う事がなかったし、扱いが難しいというイメージもありました。講義を受講して抗菌作用や強度を持たせるという意味で漆を塗るという事を知ったり、昔は身分階級で違いはあれど生活に密着したものだったんだなぁとイメージが変わりました。漆は簡単に手に入らないと思っていたんですがインターネットで手に入るそうですし、抗菌作用があるということですし普段使うものなど漆を使ってみようかと思いました。
    • 漆の歴史や昔から生活の身近にあったことを知りました。意外な特性や独特の匂いがあること… 案外簡単に手に入る物だということ。取り扱いについて気をつけないといけないところもあるので、自分で買って始めるか…と言われると躊躇するところはありますが、いろんな作品を今までとは違った視点から観ることができようになったかな…と思います。

講義計画

第1回

1日間の特別プログラムです

講義名
漆に学ぶ暮らし方ビギナーズ
定員
20名
日程
11月16日(日)13:00-16:30
開講決定日
開講決定!11月7日(金)まで受付 ※開講決定日について
授業料
3,000円 (全1回/税込) ※事前銀行振込
キャンパス
尾道自由大学キャンパス
教授
田代京子
キュレーター
白鳥法子
持ち物、その他注意事項
別途、次の費用がかかります
・材料費:箸、箸置き1組 500円
・怪我をした時のための保険加入料 
・出来上がった作品の郵送料 実費

次回開講日程の問合せ

講義レポート




ONOMICHI FREEDOM UNIVERSITY 尾道自由大学