教授 : 菅悠生


菅悠生

西金寺 住職

担当講義
禅のある暮らし
プロフィール
1990年生まれ、尾道市向東町出身。尾道の対岸、向島に座す曹洞宗の寺院『歌島山 西金寺』の住職。実父でもある先代住職の遷化とともに、曹洞宗の初開道場である、京都府宇治市の『佛徳山 興聖寺』で修行を積み、地元に戻り西金寺の住職となる。修行中に座学や坐禅三昧の中から学んだ『禅』を多くの方に体験してもらい、生活の糧としてもらうため、坐禅会等の様々な取り組みを通し活動している。日本という国は仏教国であり、生活の基本である「モラル」は、「道徳」という仏教の言葉に訳されるほど深く日本人の心に仏教の価値観は根付いている。そんな日本人にとっての当たり前を坐禅という時間を通して再確認できるよう、日々試行錯誤の中で日常に寄り添う「禅」の普及に努める。
関連サイト
HP:西金寺

ONOMICHI FREEDOM UNIVERSITY 尾道自由大学