島根美食倶楽部とめぐる、石見の旅 食時間探訪編
旅と文化学部


手しごと、郷土料理、暮らしになじむ文化を訪ねる3日間


日程
【2泊3日の特別プログラム】
・開催日:9月21日(土)- 23日(月)
・集合:9月21日(土) 9:00@広島空港
・解散:9月23日(月)19:00@広島空港
授業料
52,000円(税込)※現地体験代込み
キャンパス
島根県西部の窯元、作家の工房、弥栄町他
教授
飯野登起子
キュレーター
三浦大紀
小川香澄
開講決定日
2019年9月6日(金)

講義内容

器と盛り付けには相性がある


「食器は料理の着物」や「この料理をどの器に盛り付けよう、そうやって料理は完成する」と、かの北大路魯山人も言ったように、器と盛り付けは魅せるということにおいても、相互にとても大切な関係です。そして、その土地の食材や素材は、その土地で採れた土で作った器で盛るのが相性が良いのです。しかし、「器」と一言で言っても、色や形、素材など特徴も様々で、料理に対して適した物の選び方に困ることもありますね。この講義では、島根でものづくりにたずさわる方々を訪ね、その人たちの考え方や技術や奥深さだけでなく、同時に、その土地の食文化や食材にも触れ、「魅せる盛り付け」を実践する学びの時間です。

島根の手しごと 石見のものづくり ここでしかできないこと

本講義の過去1期・2期の企画では、島根県東部(出雲地方)をで舞台の中心に、根強い「民藝文化」に触れ、に触れるものでした。東西に長い島根県は、地域の成り立ちも異なり、手しごとも食も様々。昨年開講した第3期では、島根県西部(石見-いわみ-地方)を舞台にで「手しごとにと体験」をテーマに触れました開講しました。そして第4期では、島根県西部をさらに掘り下げ、手しごとに加え、米づくりを通して食の原点に触れていきます。

東西に長い島根県は、地域の成り立ちも異なり、手しごとも食も様々です。石見地方地域は、もともと良質の陶土に恵まれ、窯業が盛んで、はんどうと呼ばれる水がめが量産されました。耐水性に優れ、貯水に最適であったことから、江戸から明治にかけては、北前船を使って全国津々浦々に出荷されました。その技術は今も尚受け継がれ、水瓶だけでなく、瓦や日用食器にいたるまで、地元の人々に愛用されています。
また、同地域で梳かれる石州和紙も有名です。ユネスコの無形文化遺産にも指定された技術は、約1,300年もの間、職人の手で一貫して保持されるとともに、新しい発想からおもしろい文様や柄を取り入れたプロダクトも多数作つくられています。作り手の方々は、「この土地だからこそできるものづくりをしている」と言われます。言い換えれば「ここでしか生まれないもの」というわけです。その土地での暮らしや営みにも触れながら、そこで形づくられたものを手にとってみると、また違った愛着が生まれてきます。今回は、食卓を彩るカトラリーやランチョンマットを自分でつくります。

食卓の主役ではないけど、ちょうどいいお米
田舎の中の田舎で、食時間の原点に触れる

今期のテーマでもあるは「食時間」の原点に触れる旅の舞台は、ことです。旅の舞台は、島根県浜田市「弥栄町」。日本海に面した「漁港の町 浜田」から車でで約 30 分。静かな山あいに懐かしい田園風景が広がり、大自然にそっと寄り添うようなその風景は、まさに「秘境」そのものです。

そこでつくられる米は、“食卓の主役”ではないけれど、いつも採れたての野菜の甘みを、新鮮な魚の風味を、四季折々の旬の食材をひきたてるなにげない日々の食卓に、ちょうどいいお米として地元の方々にも愛されています。「身土不二」という言葉があるように、身(からだ)と土(土地)は二つじゃない、繋がっていると言われています。あなたは、普段どんなお米を食べていますか?身体が喜ぶ旬なものを、おいしく食べていますか?

本講義では、美しい田園風景の裏側にある弥栄の方達の日々の暮らしに触れていただけるよう、稲刈りの作業を手伝い、たくさん汗を流した後は、地元のおばあちゃんたち方々と交えたとみんなで同じ釜の飯を食べます食事時間も用意しています。美しい田園風景の裏側にある弥栄の方達の日々の暮らしに、あなたも触れてみませんか?

<盛り付け>でクリエイティブを体験する
本講義には、盛り付けデザイナーの飯野登起子さんを教授にお招きします。グラフィックデザイナー出身で、現在は食のプロデュースや百貨店のディスプレー、撮影時のスタイリング等、食を魅せるお仕事とされる飯野さん。日々様々な器との出逢いを楽しまれながら、テーマを設けた料理研究会や、ご自宅にゲストを招いての「green食堂」というおうちパーティーなども主催されてきています。お皿の上の食材も並べ方によって驚くほど印象が変わります。意外なメニューがパーティーフードになるなど、季節や目的に合わせた「魅せる盛り付け」をプロに学んでみましょう。見るだけで美味しい、楽しい空間の魅力に心を掴まれるはずです。

弥栄のお米 × 盛り付けデザイン
初日のテーマは、「パエリャ」。パエリャの普及活動にも参加している島根美食倶楽部と受講生でパエリャ鍋をそれぞれに盛り付けデザインします。パエリャの世界大会の審査要素の1つに“デザイン”があるそうです。25人前の大きな鍋の盛り付けには一緒にトライしましょう。盛り付けたあとは、お待ちかねの実食!弥栄の美味しいお米と浜田の食材でつくるパエリャの味をおたのしみに。

2日目は、弥栄町の方々と一緒に郷土料理を島根のお皿に盛り付けデザインします。今回の旅の真骨頂。美しい食卓、そして楽しい食時間を全員で演出したいと思います。

一本の道で繋がる、尾道と島根

かつて、人々は島根県の石見地方と尾道を結ぶ銀山街道(石見銀山の中心地であった大森より銀や銀鉱石を港へ運ぶために利用されていた旧街道)を利用し、塩や銀、人、情報、文化が交わり、歴史を築いてきました。尾道には出雲屋敷という建物が現存しており、ここは、出雲国松江藩から御用塩や綿などの交易の為、藩の役人達が常駐する出張所として使われていたそうです。現在では、 島根と尾道をつなぐ1本道は島根県松江市と広島県尾道市を結ぶ「中国やまなみ街道」として、そして出雲屋敷は、どなたでも暮らすようにゆったりと過ごすことができる「せとうち 湊のやど」として活かされています。
島根に暮らしながら、その土地の魅力をカタチにするお仕事をされている三浦大紀さんの感じている島根の食と手しごとの魅力を、飯野登起子教授と巡る3日間。尾道から山を越え、心惹かれる島根の食と手しごとをじっくり巡ってみませんか?ご縁の国、島根でお待ちしています。


(第4期募集開始:2019年7月14日)

こんなかたが対象です。

  • 器の活かし方に興味がある方
  • 魅せる盛り付けデザインに興味がある方
  • 手しごとに興味がある方
  • 地域における産業開発やデザインなど、様々な業種の方々
  • 地元ならではのおうちパーティー(お客様の招き方)を楽しみたい方
  • 島根の風土に興味がある方

卒業者の声

  • ただ使っている器でも、丹精込められて出来たもので歴史がある事を知り、より興味を持ちました。器を活かせる料理を盛りつける事を学んだので、日々の生活で活かしていきたいです。
  • 自分の知らない島根の風土や歴史、文化に触れることができました。この旅に参加して、旅のあり方や地方と旅の持つ力についても考えました。地方に潜んでいる大切な文化や歴史を大切にしたいと感じたので、今回出会った器を使って、島根の食材を使った盛り付けをしてみたいと思います。
  • 島根にはどんな窯元があってどんな特徴があるのか知れたこと、料理の盛り付けアイディア、器の活かし方、使い方が知れたこと、参加者の方々からいろんな刺激をいただけたのもとても面白かったです。まずは実生活の中で、暮らしを少し上質なものにしていきたいです。

講義計画

第1回

オリエンテーション

・自己紹介
・飯野教授の盛り付けデザインプレゼンテーション
・盛り付けデザインレクチャー(地域と盛り付け/ 盛り付けデザインにおける器の役割について)

第2回

いざ、手しごとめぐりへ -Part.1-

・勝地半紙、宮内窯を訪ねます。勝地半紙では、箸づくり体験(1人1膳)を行います。
・昼食は「蔵庭」さんへ。
・有福温泉でリフレッシュ!

第3回

盛り付けデザイン on パエリャ〜実践〜

弥栄のお米、浜田の魚介をふんだんに使ったパエリャを、大きなパエリャ鍋に盛り付けデザインします。
島根美食倶楽部と受講生それぞれで1鍋にデザイン!

第4回

島根美食タイム

パーティー会場は尾田家。パエリャのことや盛り付けデザインのコツなどを学んだ後は、いざ実食!島根美食倶楽部のメンバーと堪能します。

第5回

いざ、手しごとめぐりへ -Part.2-

・奥島根弥栄米をつくっている弥栄へ訪れ、日々の暮らしに触れながら稲刈りを体験します(2.5時間程度)。昼食は、弥栄米のおにぎりを味わってみましょう!
・わたぶんアートファブリックを訪ねます。機織り体験(ランチョンマット制作 1人2枚)を行います。

第6回

盛り付けデザイン in 弥栄 〜実践〜

地元のおばあちゃんたちが作る郷土料理を、島根の器たちに盛り付けデザインします。

第7回

実食タイム

パーティー会場は弥栄の古民家。第6回で盛り付けたテーブルを囲み、おばあちゃんたちと一緒に食事をいただきましょう。

第8回

いざ、手しごとめぐりへ -Part.3-

・森脇製陶所を訪ねます。陶芸家さんに色々なお話を伺ってみましょう。
・昼食は「こめじるし」さんへ。
・田舎町の小さな牛乳工房「ミューイ」でおやつを食べましょう。

第9回

振り返り

2泊3日の旅の思い出をみんなでシェアしよう!

講義名
島根美食倶楽部とめぐる、石見の旅 食時間探訪編
定員
7名
日程
【2泊3日の特別プログラム】
・開催日:9月21日(土)- 23日(月)
・集合:9月21日(土) 9:00@広島空港
・解散:9月23日(月)19:00@広島空港
開講決定日
2019年9月6日(金) ※開講決定日について
授業料
52,000円(税込)※現地体験代込み (全9回/税込) ※事前銀行振込
キャンパス
島根県西部の窯元、作家の工房、弥栄町他
教授
飯野登起子
キュレーター
三浦大紀
小川香澄
講義代他、現地でかかる実費について
・盛り付けデザイン・パーティー食材費:6,000円(2日分)
・昼食代:約3,000円程度
・現地交通費(ガソリン代):約3,000円程度
持ち物について
・2日目の行程に稲刈り体験をしますので、汚れても良い服装をお持ちください。
その他、注意事項
・集合場所(広島空港)までお車でお越しの方、また別の交通手段でお越しの方は別途ご相談下さい。本行程は、全員が1台の車で行動しますので、予めご了承ください。尚、宿泊については別途お問い合わせください。

次回開講日程の問合せ


ONOMICHI FREEDOM UNIVERSITY 尾道自由大学